いちご鼻を治す|いちご鼻の概略

いちご鼻を絶対治す!− いちご鼻博士と助手

いちご鼻」をしっかり治そう!!
いちご鼻に関する確かな知識と、それに対応する治療方法を施すことで、ほとんどの「いちご鼻は治ります!

 

 

 

 

いちご鼻は誰にでもできるものだよ〜。

 

治してもいいけど、また何度もできるよ!

 

そんなにカリカリせず、仲良くしようよ〜。


いちご鼻に関する知識をどこで身に付ければいいのでしょう?
ネットで探しても、いろんな情報が混ざっていて、中にはオススメできない治す方法もあります。

 

 

「本で調べるのは時間がかかるし、病院にいくのはお金がかかる」

 

おそらく多くの人がそう思っているでしょう。

 

なので、このサイトではいちご鼻を治すために知っておいてほしい知識治し方をまとめてみました。

 

なるべく批判のないものを優先的にご紹介するので安心して採用してくださいね。

 

こちらで提案するようないちご鼻改善方法

白い角栓が目立ったいちご鼻に有効な洗顔料!

 

このタイプのいちご鼻は角栓のつまりによって何度もできるので、日ごろの洗顔が重要。

 

細かい泥が毛穴まできれいに汚れを落し、つるんとなめらかな肌の小鼻に導きます。


スキンケア
ビューティーモール サイクルプラス


ビタミンC誘導体を配合したコスメが多いブランド

EGF、FGF+ビタミンC誘導体をお手頃価格で!

クレンジング
マナラホットクレンジングゲル


肌に優しく、温感効果で蒸しタオルいらずの人気クレンジングジェル。

 

 

いちご鼻とは

いちご鼻は病気?

いちご鼻の治療方法・治し方と調べている方は、いちご鼻を病気ととらえがちです。

 

しかし、いちご鼻はそれ自体が病気ということはありません。もちろん皮脂や肌の乾燥によっていちご鼻はできるので、病気によって皮脂や乾燥がもとでいちご鼻になるといったことはあるかもしれませんが、いちご鼻になったからと言って、病気の心配する必要はありません。

 

いちご鼻とは

いちご鼻とは、一般的に「鼻にプツプツができている状態」と認知されています。
そのプツプツを治す方法がいちご鼻の治療方法として、いろんな方法があります。

 

でも、万能の治し方はなかなかありません。

 

というのもいちご鼻の原因はいろいろあるのです。

 
 

タイプ別の特徴

白い角栓いちご鼻

 

鼻の毛穴に角栓が詰まって目立っている状態です。

 

きちんとした方法の洗顔と食生活を気をつけたりすることで、割と簡単に改善が可能。


 
 
黒い角栓いちご鼻

 

鼻の毛穴に角栓、皮脂と古くなった角質や汚れなどが混ざってできるものが酸化して黒く目立つ状態。

 

洗顔では落しにくく、ピーリングなどで落とすのがオススメ!


 
 
毛穴が開いたいちご鼻

皮脂がよく出て、毛穴が開き、その状態で固まってしまった状態。

 

毛穴なので、肌自体の新陳代謝を高めて変えていくことが必要。

 

改善に時間がかかります。


 

このようにいちご鼻にもタイプがあります。ですので、治す方法にもいろんな種類があるのは当たり前のことでしょう。

 

ネットでは、「いちご鼻には毛穴パック!!」という情報もありますが、毛穴の開きが目立ったいちご鼻に対しては根本解決にならないというのがわかって頂けるでしょう。

 

ですので、このサイトではいちご鼻に関してタイプに分けて治す方法をご紹介していきます。
他にもこのサイトでは海外スキンケア通販(例:トレチノイン)など広い範囲の治し方を提案します。

鼻の角栓について

いちご鼻には角栓が目立つ状態と毛穴が目立つ状態があります。

 

ただまずは角栓が目立っている状態のから毛穴が目立つ状態に進行するので、角栓についてはしっかり知っておきましょう。

 

角栓は必ず悪者というものではありません。

 

「角栓は絶対除去する!」と考えていれば、例えば毛穴パックでベリッと除去が習慣化してしまうようにちょっと過激な方法をしてしまいがちになります。

 

そこも含めて角栓についての正しい知識を身につけましょう。

 

鼻の角栓について|除去の前に知っておいてほしいこと

 

角栓とは

角栓とは皮脂+古くなった角質+ファンデーションなどの汚れがいろいろ混ざって固まったものです。

 

あんまりいいイメージがわかないと思いますが、肌の毛穴を守る役割があるんです。

 

まず、皮脂が肌を守るというのはイメージできますか?

 

うっすらでも肌のバリアがあると空気中のチリやほこり、細菌などが肌に直接触れるのを防ぐことができます。

 

そのバリエーションとして角栓も考えましょう。

 

角栓は毛穴にすっぽりできるものです。

 

なので、その空気中の良くないものが毛穴に入って悪影響から守るという役割があるのです。

 

つまり、角栓があること自体は悪いことではありません。

 

目立つから気になるのです。